ETCカードの疑問

ETCカードって何?

ETCカードは有料道路で便利なシステムですが、入り口はETCレーンはあっても出口はない場合もあったりします。

ETCカードの疑問

ETCカードのETCレーン自体がない場合でも使う事が出来ます。

ETCレーンがない場合有人の料金支払い所となっており、そこでETCカードを提示する事で支払いは可能になりますので、ETCカードはほとんどの有料道路で使う事が出来るシステムになっています。

ETCカードがない場合全て現金での支払いになりますので、支払いの時間が必要になりますし、渋滞も増える事になります。

現在多くの自動車にETC車載器が装備されており、自動車には必須の装備ともなっています。

ただ車に放置しやすいカードでもありますので、クレジットカードを省くか最小限にしておいた方が良いでしょう。

ETC機能のみのETCカードも作成可能ですので、制限されたカードであった方が盗難時のリスクは少なくする事が出来ます。

また地方部に限りますが、平日、深夜、早朝の割引を受ける事が出来るメリットも受ける事が出来ます。

使用条件は細かく設定されていますが、準備さえしておけば有料道路を使いやすくなりますので積極的に活用はしていきましょう。

ちなみにETCは自動車だけではなく二輪車用の車載器も販売されており、二輪車でもETC機能は活用する事が出来ます。

ETCレーンは時速20kmの減速が求められていますが、実際は60km位でも通行出来た話もあります。

とはいえ速度を落さない状態では事故のリスクも増しますし、有料道路の管理会社から使用制限など問題が発生する場合もありますので注意が必要です。

ETCはあくまで有料道路の管理会社のサービスであり、許可がなければ使う事は出来ないのです。