お葬式と葬儀の違いと段取りのポイント

新着記事

お葬式と葬儀の違いと段取りのポイント

お葬式と葬儀は厳密にいうと内容が異なることをご存知ですか?

千葉で葬儀を営む際に、参列者に正しく告知できるよう言葉の意味を知っておきましょう。

◆お葬式と葬儀の違いとは

葬儀の正式名称は葬送儀礼といい、故人の遺体や魂に対する宗教儀式のことを指します。

故人、もしくは遺族の信仰する宗教のルールのもとで行われ、僧侶などを招いて故人の冥福を祈ります。

一方、お葬式は逝去後から執り行われる一連の儀式のことを指し、葬儀以外に告別式も合わせたものを意味します。

告別式は宗教儀式は行わず、遺族や故人と親しかった人たちと故人が最後にお別れをする儀式となります。

告別式の目的は社会的対応が主です。

近年のお葬式は葬儀は近親者のみで執り行い、後日故人の意向を汲んだお別れ会を設ける人も増えてきています。

告別式は宗教に関する制約がないため、会食やパーティー形式など自由な形で行う方も多いようです。

◆千葉のお葬式の段取り

千葉でお葬式を執り行う際、一般的な段取りは葬儀から開始されます。

僧侶が入場して読経をし、弔辞があれば拝受します。

弔辞は故人が親しかった人が読み上げる別れの言葉のことです。

次に喪主、遺族らから順に焼香していきます。

僧侶が退場したら告別式が開始され、弔電があれば奉読されます。

弔電は葬儀に参列できなかった人からのお悔やみの電報のことです。

続いてお別れの儀を執り行ったあと、出棺前に喪主が挨拶をして閉式となります。

喪主の挨拶は簡潔に、2~3分が目安です。